くびれを取り戻す

ウエストのくびれは、男女共に理想のスタイルには欠かせないポイントです。ところが、年齢と共に体重はさほど変わらないのにくびれが無くなって来たと感じる方も多いでしょう。

ウエストラインの崩れは、放っておくとどうしても寸胴になってしまうのです。では、加齢によってくびれが無くなるのは避けられないことなのでしょうか。

くびれが無くなってしまう一番の要因は、大腰筋にあると言われています。大腰筋は腰の表面ではなく、腹筋や内臓などの更に奥に存在する筋肉です。太ももを上げたり背筋を伸ばして正しい姿勢を取る時に使われる筋肉で、あまり鍛えられる事はありません。

この筋肉が老化してしまうと、猫背になってしまったり、腹筋を保持できなくてお腹が出てしまう原因となってしまいます。大腰筋とともにこの腹筋も衰えてしまうと、上半身と下半身を繋ぐ腰の部分が一気に弱まり、たるんでしまうという状況になってしまいます。

筋肉が衰えてしまうと、その代わりに増えてしまうのが脂肪です。筋肉が衰えるという事は、体の基礎代謝量が減ってしまう事も意味します。それは脂肪の燃焼量が減る事にもつながり、肥満を招いてしまうのです。

きちんとした姿勢が保てない状態では、内臓や骨格が圧迫されて歪みを生じてくるだけではなく、リンパの流れも阻害するという悪循環が出てしまいます。

腹回りの筋肉の老化は、その部分に脂肪がついてくびれが無くなるだけでなく、健康的にも問題がある症状なのです。

特に女性は子宮や卵巣といった器官を守るために下腹部には脂肪がつきやすい特性があります。ここ脂肪は一度付くと中々落ちない場所でもあります。

皮下脂肪が燃焼されないままでいるとセルライトも出てきます。スタイルだけでなく健康のためにも、くびれの状態を気にして皮下脂肪がたまらないようにすることが大切なのです。